朝食はパンよりご飯派、インターン生の磯部です。

フランジアの始業時間は7:45と早いです。早起きが得意でないぼくは、屋台でテイクアウトしてオフィスで食べることがほとんど。なぜなら時間がかからず、ささっと買うことができるからです。

今まではフランスパンに野菜や肉を挟んだBánh mì(バイン ミー)を朝食に食べていましたが、本来はご飯派なので「朝にご飯をテイクアウトできれば…」と思っていました。

そんな時、社員の方から素敵な食べ物を教えていただきました。

Xoi(ソイ)といって、それを食べてからバインミーよりもXoiを食べるようになりました。

今回は、朝食にオススメのXoiをご紹介したいと思います。

 

オフィスのすぐ下の店でXoiを注文!

IMG_2994

午前7:30、場所はオフィスのあるLandmark72のすぐ下。

飲食店が立ち並ぶ通りの角で、Xoiは売られています。

 

IMG_3013

バイクに乗ったままオーダーしている人も。ドライブスルー感覚ですね!

みなさん、自分と同じように始業前に買うので少し混んでいます。並ぶ順番はあまり関係なく頼んだもの勝ちで、もじもじしているとずっと買うことができません(笑)

周りに負けず、強気でオーダーします!

 

IMG_2995

注文方法は、鍋の中に入っている好きな具材を指差し、ごはんの上に盛りつけてもらいます。盛り付けは至ってシンプルで、温かいごはんを容器に盛り、その上に具材を乗せ、煮汁を全体に染み渡らせるようにかけるだけです。

いつも頼むのは、ゆで卵と豚肉、そしてベトナムハムです。たくさん食べたいぼくは、数ある具材の中でも大きいものを指差して、よそってもらっています。

 

5_24_xoiの具材カット

しかし、具材の大きさの割には容器が小さいため、はさみでチョキチョキ!

これを切る時の音が好きで、ぐっと耳を澄ませながら凝視してしまいます(笑)

20.000ドン(約100円)を払い、汁がもれないように平らにしてオフィスまで運んで行きましょう!

 

IMG_3014

オフィスに着いたら、早速いただきます!

まずは、具材から。手前に見えるのがベトナムハムです。食感はさつまあげのようで、煮汁が染みこんでとってもおいしいです!ゆで卵や豚の角煮は、日本で食べる豚の角煮と似ていました!薄味の料理が多いベトナムですが、しっかりと味がついており、絶品です。

 

IMG_3015

その下にはつけ汁のかかった、もっちもちのおこわが!

もち米なので、お赤飯を食べるときと同じ食感です。ご飯にも煮汁が染み込んでいてたまりません。あっという間に完食してしまいます!

量は多くありませんが、もちもちしていて噛む回数が多いので大満足!

朝食にぴったりなXoi、オススメです。

 

Xoi Gacはフォーマルな料理!

Xoiに関連して、もち米が使われている料理も同時にご紹介したいと思います。

ベトナムに来てからはもち米を食べることは少ないですが、過去に1回だけあったのを思い出しました。それは、現地の結婚式に参加させていただいたときです!

IMG_1300

一見するとケチャップライスのようですが・・・、実は甘いもち米なんです!

もち米にgấc(ガック)というフルーツを潰したものを混ぜて作られています。gấcってなんだろうと思って調べてみると、日本語では「ナンバンカラスウリ」というそうですが、ますますわかりません(笑)東南アジアを中心に分布しているツル植物のようです。

 

このgấcが混ぜられたごはんの名前はXoi gấc(ソイ ガック)といって、結婚式や旧正月などに食べられます。朝食としてご紹介したXoiとは名前が同じでも、Xoi gấcは甘いのです!

甘いごはん・・・。ちょっと想像しにくいかもしれませんが、これもおいしいです。

gấcには血糖値を下げ、美白効果やダイエット効果もあるリコピンという成分がトマトの70倍の量入っています。他の栄養素も豊富に入っており、薬や美容品にも使われている果物なのだそうです。

結婚式に参加されることがあったら、食べてみてください!

 

さいごに

IMG_3009

朝食にオススメのXoiと甘いXoi gấcをご紹介しました!

ベトナムで働かれることがあったら、ぜひXoiを始業前に買ってみてはいかがでしょうか。おいしいごはんを食べて、素敵な1日をはじめましょう!

 

01_banner_200-200