インターン生の磯部です。

フランジアのハノイオフィスに来た当日、まずびっくりしたのは、オフィスの広さと壁に貼られたおしゃれなポスターでした。

 

IMG_3514 IMG_3518

そのモデルはなんとフランジアで働くメンバーたち!

まるで映画の告知ポスターのような本格的なものです。

 

IMG_3471

その中の1つ、“Good Friendship” と書かれたポスターがあります。

これは外国人社員の多いフランジアならではの意味が込められています。

 

制作したデザイナーにコンセプトを聞いてみました

このポスターが持つ意味を知るために、制作を担当されたHieuさんに聞いてみました!

 

hieuさん_写真グラフィックデザイナーのHieuさん(写真右から2番目)

 

磯部「Hieuさん、このポスターのコンセプトは何でしょうか?」

 

Hieu「これは、アジア各国から来たエンジニアとフランジア社員たちの友情と協力を表すポスターだよ。

フランジアの頭文字である“f”のロゴの中から突出しているように見える男性はテクノロジーの未来を表していて、フランジアによって日々その技術は磨かれている。つまり、フランジアの技術力が上がっていることを、男性がフランジアのロゴの中から飛び出ていることで表しているんだ。

さらに彼は、バングラデシュ、ベトナム、カンボジアなどの国旗を胸に抱えて、世界の人たちとの強い結びつきを示している。つまり、いろんな国籍のエンジニアと一緒に仕事をすることによって、フランジアの技術力が上がっていくということを示しているよ」

 

磯部「なるほど、そういった意味があったのですね!モデルとして写っているのは新メンバーのトレーニングをおこなっているDieuさんだと思うのですが、どうして彼をモデルに選ばれたのでしょうか?」

 

IMG_3471

 

Hieu「最初は、カンボジア出身メンバーを選ぼうと思っていたんだけれど、Dieuさんが適役だと考えたんだ。

Dieuさんは、新入社員やインターン生を楽しませながらトレーニングを行っている最高のトレーナーだよね。彼はフランジアで働くことに希望を持たせてくれる人で、新メンバーからの信頼が厚い。だから選んだんだよ」

 

カンボジアから来たメンバーにも話を聞いてみた

アジア各国のメンバーとの結びつきと、それによってさらに、フランジアの技術力が上がっているという意味がこめられていたのですね。

それでは、実際に外国から来たメンバーは、このポスターについてどう思っているのでしょうか?

昨年の5月にカンボジアから来越し、フランジアのディベロッパーとして働いているNorinさんにお話を聞いてみました。

IMGP6483Norinさん(写真左)

 

磯部「入社前、ベトナムで働くことについてどのように感じていましたか?」

 

Norin「大きな心配はしていなかったけれど、不安は少しあったよ。両親には繰り返し説明するまで、同意は得られなかった。それは、ぼくが一人っ子であることも理由だったんだけど、やっぱり外国で働くことを心配していたみたい。

あとは、言語が違うから、生活面でも不安はあった」

 

磯部「実際に来てみてどうでしたか?」

 

Norin「フランジアのオープンな社風があって、安心して働いているよ」

 

磯部「“Good Friendship”と書かれたポスターについて、最初見た時どう思いましたか?」

 

Norin「気に入っている。他の国からのも社員は来ているはずなのに、カンボジアの国旗が目立っているのには驚いたよ」

 

磯部「なるほど、ありがとうございます!」

 

Norinさんのように海外生活に不安を抱えるメンバーのため、フランジアには「BROTHERS & SISTERS」というグループがあり、そこで外国人メンバーのサポートをおこなっています。

参照|海外生活をサポートする「BROTHERS & SISTERS」たちと 陶磁器の街・バッチャン村で陶芸体験してきた!

 

カンボジアの他にも、バングラデシュやカザフスタン、ナイジェリアなど、フランジアでは多国籍なメンバーが働いているフランジア。

そうやって外国から来たメンバーが働けるのは、国籍関係なく優秀なメンバーを採用し、オープンな環境を作ってきたからこそだと思います。Good Friendshipのポスターは、フランジアのオープンな環境を表しているものなのです!

 

01_banner_200-200