インターン生の磯部です。

のんびりとした休日。

普段は外へ出かけない方も、暑すぎて動きたくないという方も、たまにはこんな思いませんか?

「日曜日、早く目が覚めて予定がないからちょっと朝食を食べに出かけようかな」

「今日は天気がいいし、きれいな夕日が見られそうだ」

そんな気分のときにオススメしたいカフェがあります。

“Maison de Tet Decor” というのですが、とても心地よいカフェだったこと、そしてカフェ以外の魅力も詰まっていることがあるので、それも合わせてお伝えします!

 

こだわりのコーヒーや調度品でリラックス

IMG_3060

ハノイで最も大きな湖であるHo Tayの湖岸。昼下がりには、現地の人たちが釣りをして楽しんでいます。

 

IMG_3063

湖岸の道には風がそよぎ、木々に日差しが隠れて涼しげでした。

 

IMG_3554

そして、3階建ての一軒家が左手に見えました。ここが、今回ご紹介する “Maison de Tet Decor” (メゾン・ドゥ・テット・デコール) 。

オーストラリア人のオーナーが経営しているカフェで、tripadvisorではエクセレンス認証(旅行者から一貫して高評価の口コミを獲得しているところにのみ授与される認証)がつけられています。口コミでの評価も高く、欧米人を中心に人気のお店です。

 

IMG_3556

1階の様子。植物がたくさん置かれ、風通しもよく涼しいです

 

IMG_3064

2階の様子。家具は茶色で統一され、1階とは違った雰囲気。

 

IMG_3555

インドやエチオピア、コロンビアやインドネシアなど世界各地から取り寄せられたさまざな種類のシングルオリジンコーヒーを提供しています。もちろんベトナムで採れたコーヒー豆を使ったコーヒーもあります。

 

coffee_kind_decor1 coffee_2

画像引用:http://tet-lifestyle-collection.com/coffee-blends/

 

産地や焙煎方法によって、“HEAVEN”、“EARTH”などのさまざまな選択肢があります。お気に入りのコーヒーバッグがあったら、購入して持ち帰ることも可能です。

ぼくはインド産の豆を焙煎した“MOUNTAIN”をいただきました。アイスコーヒーを注文したのですが、濃厚で味わい深くとても美味しかったです!

IMG_3067

IMG_3077

2階のテラス席からは、湖が一望できます。夕暮時には空がオレンジ色に染まり、いい気持ちでコーヒーをひと口。Wi-Fiの作動も早いので、PCで作業をしたり、考えごとをしたりするのにぴったりです。

 

IMG_3566

IMG_3563

IMG_3569

3階の屋根裏部屋。こちらも2階とは全く違った雰囲気で、伝統的な家具・調度品が置かれています。映画で見たことのある船室のようでわくわくを感じながらも、静かに落ち着いた時間を過ごしました。

 

IMG_3557

IMG_3568

IMG_3073

ハムとチーズの入ったオムレツと、パンのセット。オムレツのとろける食感がおいしいです。

コーヒーと合わせて1,000円。

 

カフェとしてとっても魅力的な場所で、従業員のサービスも丁寧だったので、何回も行きたくなる場所でした。しかし、Maison de Tet Decorの魅力はこれだけではありません。

 

分散型メディアを運用!

Maison de Tet Decorでは、ソーシャルメディアのアカウントをフルに活用しています!

それは、Webメディア業界で、よく話題にのぼる「分散型メディア」というメディア運営の手法と同じだと思いました。

Now Thisというメディアが有名ですが、メディアはHPを訪れてもらうことを目的にせず、ユーザーとのタッチポイントを増やし、媒体を覚えてもらいます。

FacebookやInstagramはもちろんのこと、VineやSnapchat、Youtubeなど、あらゆるソーシャルメディアでコンテンツを発信して認知度を広げていきます。

 

nowthis_アイキャッチ「ホームページ。その言葉でさえ、もう古い。あなたのSNSアカウントに直接コンテンツを届けるよ」と書かれたNOW THISのホームページには、各ソーシャルメディアのリンクしかありません。

画像引用:https://nowthisnews.com/

Maison de Tet Decorでは、おなじみのTwitterFacebook、大人気のInstagramYoutubeそしてtumblrと、さまざなまソーシャルメディアのアカウントを運用しているのです。

日本やアメリカをはじめとする先進国ではソーシャルメディアを使っている人口が多いように感じますが、ベトナムではどうなのでしょうか?

調べてみると、ベトナムではソーシャルメディアの利用率が高く、インターネット利用者の1日平均オンライン時間が5.2時間に対し、ソーシャルメディア接続時間が平均3時間と、半分以上を占めています。

参照|SNS依存が強まるベトナム 最新のインターネット・SNS使用状況とは – クリスク

 

つまり、ホームページだけじゃなく、ソーシャルメディアをきちんと運用することで、お店を知ってもらい、来店してもらうきっかけにもなるということです。

 

カフェだけじゃない事業展開も

ここまで調べてみて、疑問に思いました。どうして、ここまでメディア運用をしっかりとおこなって集客をしているのかと。

Maison de Tet Decorは、さきほど述べたとおりTripadvisorでの評価も高いですし、世界的なガイドブックであるLonely Planetでも「TOP CHOICE」として掲載されているなど、ハノイでカフェを調べようと思ったらすぐに見つけることができます。

lonely_planet_hanoi_foodLonely Planet [Web版] ハノイのページに、しっかりと掲載されています。

画像引用:https://www.lonelyplanet.com/vietnam/hanoi

 

しかしホームページを探っていると、その答えがわかった気がしました。

Maison de Tet Decorは、カフェだけじゃなく、ユーザーに楽しんでもらうためのさまざまな事業展開をしていたのです!

 

・コーヒーバッグや健康ドリンクの物販

・郊外にある別荘でのヨガやメディエーション、写真などのワークショップ

・ハロン湾クルーズツアー

・Maison Market Dayというイベント

 

Halong-Bay-Cruise-1-728x1030

画像引用:http://tet-lifestyle-collection.com/halong-bay-promotions/

 

など、たくさんの取り組みをおこなっています。

カフェを訪れてもらうだけではなく、お客さんにリアルな体験をしてもらうサービスも提供しているため、その認知を増やすためにメディア運用にも力を入れているんだと思いました。

FireShot Capture 132 - Nourishment Da_ - http___tet-lifestyle-collection.com_nourishment-day-photos_郊外への日帰りツアーNourishment Dayの写真が並びます。

画像引用:http://tet-lifestyle-collection.com/nourishment-day-photos/

 

さいごに

IMG_3086

多方展開をしているMaison de Tet Decor、調べれば調べるほど大好きになりました。

とても人気の場所なのでお昼どきは混んでいるかもしれませんが、早朝や夕暮れ時などは人も少なくおすすめです。まずはお店を訪れてみて、コーヒーや店内の雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

<Information>

店名|Maison de Tet Decor

営業時間|AM7:00~22:00

TEL|096 661 13 83

HP|http://tet-lifestyle-collection.com/

住所|36 Từ Hoa Công Chúa、Quảng An、Tây Hồ、Hà Nội

 

 

01_banner_200-200