はじめまして!インターンの池谷です。

今日も開発業務のため眠り目をこすりつつハノイオフィスに向かいます!

7時30分!遅刻遅刻〜!!

 

img_20161031_100443

 

ふぅ…焦ったのか間違えて謎のイカしたバーについてしまいました。

 

突如現れた筋肉質なお兄さん。

 

「ここフランジアオフィスだよ」

 

 

えっ?

 

img_20161031_105302

 

めっちゃかっこよくなっとる。

 

そう、実はハノイオフィスは部屋の模様替えなども頻繁に行うのですが、今回は遂に自社のカフェ・バーを新設してしまったのです!

くぅ〜〜こんなかっこいいバーがあるのに、皆さんにお伝えしないのはもったいない!というわけで、今回はこの僕が先陣を切って、このバーについてレポートさせていただこうと思います!

まず、このバーの内装はどうなっているのでしょうか?早速入って確かめてみましょう!

 

ハノイオフィス・新設バー内装レポート!

img_20161031_100644

 

全体的に落ち着いた雰囲気のようですね。抑えめの色で統一された家具やインテリアグッズ、適度に配置された木々が人々を落ち着かせます。

 

img_20161031_100514

 

バーカウンターには、開発業務のお供に必須のお菓子やインスタント食品がたくさん。アルコール類からソフトドリンクまで、ドリンク類も充実しています。

かわいいバーテンダーが、業務につかれたフランジアスタッフの皆さんをお待ちしています。

 

img_20161031_100943

 

前方にはプロジェクターを映し出せるスクリーンが設置されています。

フリースペースと仕事場の間は、ガラス製のスライドウォールで仕切ることも可能なようです。

カウンター近くの壁にはフランジアのスローガンである「WE MAKE IT AWESOME!」の文字。

ここからアジアへ、世界へ、フランジアが生み出した価値が発信されていくと思うとなんだかワクワクしてきます。

 

フランジアがこのカフェに懸ける想いとは?

 

インテリアデザインにこだわる会社はたくさんありますが、これだけの多機能なスペースとバーを、まさかオフィスの中央に設置してしまうような話はなかなか聞いたことがありません。いったいどのような目的で建てられたのでしょうか?

そこでこの度、CEOのたいへいさんと、バー・オープンスペースのデザイン全般を担当したデザイナーのえみさんに、このバーの設立経緯に関してお話を伺ってみました!

お二人ともよろしくお願いします!

 

たいへいさん&えみさん: よろしくお願いします。

 

img_8017

 

池谷: まずたいへいさんにお聞きします。こちらのバー・フリースペースですが、どういった目的で作られたのでしょうか?

 

たいへいさん: 「人が集まりやすくて、それが周りから見えて、でもクローズドな空間にもなってる」。そんな場所が欲しかったんだよね。

 

最近、ハノイオフィスも人がめっちゃ増えてきたこともあって、人の交流がしやすくなるようなオフィスデザインは以前からしてきてたのよ。

会議室両端に作ったりとか、それで、行き来が多いから社員同士も顔とかは覚えるようになってきて、でも、実際にお互い話すっていう機会はあまり生まれなくて、それじゃ全然足りなかった。

それで、次に「人が溜まる場所」がほしいなーって思って、人が集まりやすいフリースペースをど真ん中に持ってきたんだよね。

 

img_7999

 

たいへいさん: プラス、イベント用として「クローズドにできるけど、周りからわかりやすいスペースがほしい」というのも思ってて。

そこで、イベント用にバーの新設とか、仕切りとかプロジェクターの設置もやろうという話になって、今こういう空間が出来上がったという感じかな。

 

池谷: なるほど、ありがとうございます。確かに、集合場所やお昼ごはんのためにみんなが集まるようになって、人と言葉をかわす機会が増えてきましたね。

ちなみにたいへいさん自身はどのようなイベントを想定してつくられましたか?

 

たいへいさん: やっぱり、技術に関する勉強会とかハッカソンとかをやりたい、一番はそこかな。まあゲーム大会とかパーティーとか映画鑑賞会とかどんなイベントを開いてくれてもいいんだけど。

 

池谷: なるほど。ここでいろんな勉強会やハッカソンなども開かれていくと思うと、とても楽しみですね。ぜひ僕も参加してみたいです。

それでは次に、えみさんにお聞きします。このような目的で作られることになったバー・フリースペースですが、設計時にこだわったポイントなどはありましたか?

 

えみさん: 人の導線人が生活していく上で自然に動く経路のこと)はすごい考えた。

PCが後ろから見られるの嫌だろうから椅子はこっち向きがいい、ここに多分コーヒー置いて、お菓子とか食べたくなるから座ってバーが見えるようにしたいとか。

実際にサンプルを自分がみて、足で踏んで、触って体感して納得いくものを置くようにしたよ。

 

img_8001

 

えみさん: それと、イベント開催用っていう目的がはっきりしてたから、イベント時の動きを想定して設計を考えることも多かったね。

そういった意味で言うと、モノをむやみに置かないとか、色を自然色でまとめることで気持ちいい空間を作り出すとか。いかにイベントを気持ちよく、スムーズに開催できるかは意識しながら作ってたかな。

 

池谷: ありがとうございます。確かに、フリースペースをイベント用に切り替える時もなるべく負担が少なくすむように設計されていますね。

では、この一連の作業の中でオフィスデザイナーとして困ったこと、難しかったところなどはありましたか?

 

えみさん: ベトナム人の作業員の方々に、自分の想像するデザインを伝えるのが難しかったかな。できるだけフランジアスタッフの意見もくみとって設計したいけど、やっぱりそれを形で見せるのって難しいし。

 

池谷:なるほど。確かに、デザインは抽象的な表現になりがちですし、言語の壁を超えてそれを正確に伝えるのは一筋縄では行かなそうですね。

まだ最後の完成までには数日かかるようですが、僕もここで色んな方々とお話するのが今から楽しみです!

お二人共、ありがとうございました!

 

img_8021

 

 

おわりに

いかがでしょうか。

フランジアで頻繁に行われるハッカソン勉強会、どんどん増えていく社員同士の新しい交流

そして一見業務に関係なさそうな文化や交流に関しても、積極的に環境を整えていくフランジア。

フランジアがなぜこんなに風通しが良いのか、なぜエンジニアがこんなに楽しそうなのか。今回のレポートを通して、少しその理由がわかった気がしました。

 

このスペースで行われていくイベントについてもどんどんレポートしていこうと思いますので、そちらについても楽しみにしていてください!

以上、ハノイオフィスからでした!

01_banner_200-200