なにをやっているのか

IMG_8295 のコピー   1223_RubyWorldConference のコピー

━━ From Asia to the World

フランジアは本社をシンガポールに構え、アジアに8拠点を持つ約530人のIT企業です。 メンバーの90%がエンジニアで、世界へ価値のあるサービスをアジアから生み出すことをミッションに日々健闘しています。
 

━━ フランジアの拠点

日本 (東京、島根、大分)
ベトナム(ハノイ、ホーチミン、ダナン)
フィリピン(マニラ)
バングラデッシュ(ダッカ) …拡大中です。
 

━━ 事業内容
1.システム開発

日本の大手企業やスタートアップ企業のスマホアプリ、Webサービス、システム開発をしています。

開発事例

2.IT人材の育成

ハノイ工科大学で日本語とITを教える教育プロジェクトやベトナムの高校でRubyを教える取り組みを行っています。

3.コンサルティング事業

マーケティング、人材採用及び紹介等のコンサルティングをしています。

4.海外新規事業
  • アジア向けエンジニアプラットフォーム Viblo のサービス開発運営
5.その他
  • 島根で竹下首相の生家、竹下酒造と一緒に「酒造り×IT」日本酒応援団
  • Rubyの聖地、島根県松江市にてIoTや次世代デジタル・ファブリケーションで新たなイノベーションを目指すオープンスペース、Frafabを開設…事業拡大中です。

今回の募集では、「IT人材の育成」のためのIT講師を募集します。
 

なぜやるのか

IMG_5511   チャンさん 内定写真
━━ 世界を揺さぶるようなサービスをアジアからどんどん創りだそう

Facebook、Uber、Airbnbなど急速に世界中に拡散し既存のビジネスモデルをひっくり返すサービスが増えてきています。この手のサービスはこれからもっと出てきて既存のビジネスモデルを壊していくでしょう。

アジアに住んでいるとUberがいかに便利なことか気づきます。
料金のお釣りをごまかされることもなければ多く請求されることもありません。問題があればカスターマーサポートが対象のドライバーを瞬時に調べ、対応してくれます。

こういった素晴らしいサービスを私たちもどんどん作っていきたいと思っています。
そのためには、各メンバーがそれぞれの分野のプロになるため貪欲に取り組み、サービス設計、開発、パブリシティもできる集団でなければなりません。

そのようなチームを作ることに私たちは長けています。
3年でアジアで400人のエンジニアチームを作れたこと、離職率が極めて低いことなどがそれを証明してくれています。
 

━━ 埋もれている才能を発掘し開花させよう

アジアには貧しい家庭に生まれてしまったために教育を受けるチャンスがなく、仕事に就けない子供たちがたくさんいます。
しかし、彼らには素晴らしい才能を持っている可能性があります。

私たちは、ITを駆使してすべての子供達が教育が受けられるためのプラットフォームを創りたいと思っています。
素晴らしいサービスやアプリを生み出すチームには才能あふれる優秀な人材が不可欠だからです。
だからこそ世界中の企業が優秀人材の争奪戦を繰り広げています。

我々は顕在化した人材だけではなく潜在的な才能にスポットを当てようとしています。
それは世のため人のためになるからという理由だけなく、そうすることが採用にも事業にも合理的だと判断しているからです。
今はアジア各国の多くの大学や高校と提携しコースや教師の派遣をしたりしながら教育事業を行っています。これからそれらをもっと拡大していきます。
 

どうやってやっているのか

IMG_9684

━━ チームとしての一体感を大事に

国籍や人種、さらには勤務地までバラバラですが、フランジアの一員であることにプライドを持ち、強い団結力を持って働いています。

アジアの人々は素直で、「今日より明日が必ず良くなる」ということを疑わずに全力で生きています。
「フランジアが国を良くする、アジアを良くする、世界をより良くする」ということを疑うメンバーもいません。

<そんな私たちはこんなこともしています!>

  • 参加自由の社内ハッカソン大会
  • 海外オフィスでRuby on Rails を使った社内教育
  • 各海外拠点からメンバーが集まる大規模忘年会
  • ベトナム語レッスン(社員がボランティアで教えています)
  • ギター部、サッカー部、日本語部など社内のクラブ活動

 

こんなことやります

━━ ベトナムの未来を担うITエンジニアの教育に携わりませんか?

ベトナムの理系トップ大学で、日本語を使ってITに関する授業を行っていただける方を募集しています。

<具体的な仕事内容>
①授業の運営
– 教壇に立ち、授業を行う
– カリキュラムの作成
– 資料の作成
– 教育システムの企画・開発

②次世代の教育サービスの企画開発
– e-Learning
– 授業管理システム

③社内教育

④最新技術の研究

<歓迎スキル>

  • Laravel, Phalcon PHP, symfonyの設計・開発経験がある方
  • Ruby on Railsの設計・開発経験がある方
  • JavaやAndoroid SDKを用いてAndroidアプリを作ったことがある方
  • iOSやXcodeを使ってiPhoneアプリを作ったことがある方
  • Javascriptを使ってゲームを作ったことがある方
  • 社内・社外問わず勉強会で発表したことある方

以上で1個以上当てはまるあなたと、一緒に働きたいと思っています。

<求める人物像>

  • 幅広いWeb技術をお持ちの方
  • 周りを巻き込んで成長したい方
  • アジアの大学生に最高のIT教育を届けたい方

 

━━ ベトナムの大学4年生はプログラミング言語が3つも使える!?

学生たちはC言語、Javaが必須で、他にRubyやPHPを使用しています。
学びに貪欲な人がほとんどで、最近ではスマートフォンアプリに興味を持っている人が多いです。
そんな彼らは私たちの授業で、Web開発現場の常識を学習中。
また、RailsアプリをGithubを用いて、グループで開発しています。
もちろんアジャイル開発を導入し、自分たちでスプリントミーティングをしています。
チームのチャットには日本語が流れていて、授業のプレゼンは日本語で行っているのです。
 

━━ アジアの学生たちの夢を叶えるために

彼らの目標は、”日本の企業へ就職する”こと。
そのために、私たちは日本からベトナム人エンジニアを採用したい企業をお呼びし、マッチングをさせるジョブフェアの運営も行っております。

日本で働ける人材となるとなるべく、授業ではWeb技術だけでなく日本語や日本文化も学んでいます。
では、どうして彼らは日本語で働きたい思っているのでしょうか?
大学生に聞いてみると、
「技術が進んでいる」
「時間を守るなど、働き方を尊敬している」
「アジアの先進国である」
などなど、日本に対して好印象を持っている様子でした。
そして彼らが口をそろえていうことは「日本で働きたい」ということ。日本で働いてたくさん学び、将来はベトナムの発展のために尽くしたい、そう話していました。
 

━━ なぜフランジアがIT教育に携わるのか

では、どうしてオフショアをメインに行っているフランジアが教育やジョブフェアを行っているのでしょうか。

私たちは、外国人としてベトナムに来て、ビジネスをさせていただいている身です。たくさんの恩恵を受けてビジネスを成長させてきたという、ベトナムへの感謝の念を感じています。
だから、今度は私たちがベトナムに恩返しをする番なのです。

そのために、私たちは努力を惜しみません。

自分が教えた学生が、日本で働く内定を取ったときの心から嬉しそうな笑顔を見られるときには、心の底から湧き上がる感動を覚えます。
そんな感動を自身の喜びと捉え、彼らの成功を願えるあなた。
ご応募をお待ちしております。
 
その他のポジションはこちら
 

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

Facebook Profile URL

Skype ID

興味のある求人(必須)

履歴書・職務経歴書

その他ファイル

メッセージ本文(必須)