なにをやっているのか

後輩をサポート 1st Techcam のコピー

フランジアはクオリティの高い開発力を実現すべく、海外の理系大学と提携し、ITの講座を無償提供するなど、エンジニアの育成、教育にどこよりもこだわりをもっているアジア唯一のIT企業です!

現在グループ全体で約650人のメンバーが日本とベトナムをメイン拠点としながら 楽天、YAHOO、サイバーエージェントをはじめ、国内の有名IT企業のWebサービスやスマホアプリなどの開発を支援しています。

最大の特徴は、主としてラボ型開発を提案していること

ラボ型開発とはクライアント企業の専属開発チームをフランジア海外拠点に作り、チームとして一定期間の契約を結ぶ開発形態です。クライアントはエンジニアの採用・教育・マネジメントコストなどを抑え、自社の開発チームを短期間で持つことができるといった大きなメリットがあります。このことでクライントの最適な開発チームビルディングを支援し、クライアントと一緒に開発のスピードアップを実現しています。

日本メンバーと海外のエンジニアとの連携

また、最近では、受託開発案件を日本にいるメンバーが請けおい、企画から機能設計までを担当し、詳細設計以降は海外拠点のエンジニアと連携するというスタイルも増えてきている。この場合、コスト面でのメリットをクライアントに提供できることはもちろん、ミーティング時は日本人PMが出席するので、クライアント側も従来の開発会社へ依頼している感覚で開発を行うことができる。

IT開発で海外か国内かということは意味があるのか?

私たちは「オフショア開発」ではなく「グローバル開発」と呼んでいます。拠点や人種、さらに言語を超えて、様々なバックグラウンドのメンバーが高いITスキルをもとにチームとして協働しているからです。また、日進月歩するIT技術の最先端を掴み続け、その担い手を増やすために、現在のIT技術者・高校生や大学生などの未来のIT技術者への教育にも力を入れています。

なぜやるのか

skype面談 様子 乾杯 写真

21世紀はアジアの時代だ。

世界を揺さぶるようなサービスがアジアからどんどん生まれるだろう。 ITで新しい世界の価値基準やルールをリデザインしよう。というようなことをいつも社内で語り合っています。

そのためには社員一人ひとりが技術やマーケティングに貪欲で、サービス設計も、集客も、開発もできる組織でなければいけない。どんな場面でも高いパフォーマンスを発揮できるビジネスマン、ビジネスウーマンになる必要があります。

もちろん簡単なことではありませんが、 ものすごい勢いで知識を吸収し成長している海外の若手エンジニアと日本メンバーの連携によるパフォーマンスをみていると不可能な目標ではないなと感じています。

どうやってやっているのか

IMG_0252 1

従来の地方へのI/Uターンは、農業などの第一次産業や伝統産業への就職を意識したものがほとんどでしたが、当社は、エンジニアの方を対象に田舎まちの豊かな生活環境を拠点としながら、これまでの経験や技術を活かせる田舎でのIT転職を提案しています!

すでに島根オフィスで働いているエンジニアには島根が地元ではなく、純粋に田舎でのライフスタイルを手にいれつつ、これまで経験してきたエンジニアとしてのスキルを活かせる環境を探していた人です。

当社は働く場所や働くペースなど、あらゆるワークスタイルのエンジニアを受け入れられる体制を整備していきたいと考えており、島根オフィス開設もその一環です。

また、日本で最初にRubyを通じたまちづくりを宣言した島根県にもご縁がありました。
Rubyを前面に据えた「Ruby City MATSUE」のプロジェクトが開始してから今年で10年目を迎えますが、当社もRubyアソシエーション認定システムインテグレータとして登録されており、これまでに当社CTOの本間がRubyカンファレンスで登壇するなど積極的にRubyエンジニアの教育、育成に取り組んできました。

地方創生にITは欠かせない!
農業✕IT分野のシステム研究・開発
酒造り✕IT分野のシステム研究・開発

などなど、島根に拠点開設する以上、地元にも貢献したいと思い、すでにいくつかの研究開発をはじめています。

島根で働くエンジニアの様子を動画でご覧ください!

こんなことやります

<業務内容>

  • Ruby on Railsでのシステム開発
  • HTML5/CSS3を用いたUX/UI開発
  • 農業、酒造りを進化させるためのハードウェア/アプリ開発

<開発環境>
開発者の生産性を重視し、ご希望のマシン・エディタ(IDE)・マルチディスプレイ環境を用意。
また、集中力を高めるため、作業中のイヤホン使用もOK、服装や髪型を厳しくする必要もないのでもちろん自由です。

<キャリアパス>
将来的に長所を伸ばしその分野の第一人者を目指すもよし、他の分野へと知識を広げてフルスタックエンジニアを目指すもよし、プロジェクトリーダーを目指すもよし、あなたの理想のキャリアプランをお聞かせ下さい。

<教育・育成>

  • 技術への理解を深める為、勉強会への参加ももちろん推奨します。勉強会で学んだ新しい知識や技術を是非プロジェクトへと導入して下さい。
  • 案件はすでにあります!つまり、自分の意見や学んだ技術をすぐにプロジェクトに反映できる、開発者として非常にやりがいのある環境です。
  • もちろん島根にいるスタッフと一緒に取り組むことになりますが、CTOの本間が東京の事務所からリモートでアドバイスもします。


✓ 地元に戻って仕事をしたい方
✓ 田舎でメリハリのあるワークスタイルを実現したい方
✓ 農業や酒造りなど地元の産業を盛り上げながらエンジニアとして仕事をしたい方
✓ Ruby開発にチャレンジしたい方

※ Iターン希望の方に対する引っ越し代や住居費の支援を行う制度も用意しています。

是非、上記に当てはまる方、当社にご興味ある方はフランクにお話しする機会をいただけるとうれしいです。 自らの知識と経験を活かして田舎で充実したエンジニアライフを実現してください。余計な調整業務やしがらみもなく、開発に対して集中して取り組んでいただける環境をお約束します!

その他のポジションはこちら

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

Facebook Profile URL

Skype ID

興味のある求人(必須)

履歴書・職務経歴書

その他ファイル

メッセージ本文(必須)