なにをやっているのか

IMG_8570 ban

━━ From Asia to the World

フランジアは東京・島根・ベトナム・フィリピン・バングラデッシュにオフィスを構えるIT企業です。グループで約650名のメンバーがおり、90%がエンジニアです。

━━ 事業内容
1.システム開発

日本の大手企業やスタートアップ企業のスマホアプリ、Webサービス、システム開発をしています。

開発事例

2.IT人材の育成

ハノイ工科大学で日本語とITを教える教育プロジェクトやベトナムの高校でRubyを教える取り組みを行っています。

3.コンサルティング事業

マーケティング、人材採用及び紹介等のコンサルティングをしています。

4.海外新規事業
  • アジア向けエンジニアプラットフォーム Viblo のサービス開発運営
5.その他
  • 島根で竹下首相の生家、竹下酒造と一緒に「酒造り×IT」日本酒応援団
  • Rubyの聖地、島根県松江市にてIoTや次世代デジタル・ファブリケーションで新たなイノベーションを目指すオープンスペース、Frafabを開設…事業拡大中です。

 

なぜやるのか

12832295_900589856727842_585235242242641974_n 12187646_833962690057226_4819003127252374953_n
━━ 世界を揺さぶるようなサービスをアジアからどんどん創りだそう

Facebook、Uber、Airbnbなど急速に世界中に拡散し既存のビジネスモデルをひっくり返すサービスが増えてきています。この手のサービスはこれからもっと出てきて既存のビジネスモデルを壊していくでしょう。

アジアに住んでいるとUberがいかに便利なことか気づきます。
料金のお釣りをごまかされることもなければ多く請求されることもありません。問題があればカスターマーサポートが対象のドライバーを瞬時に調べ、対応してくれます。

こういった素晴らしいサービスを私たちもどんどん作っていきたいと思っています。
そのためには、各メンバーがそれぞれの分野のプロになるため貪欲に取り組み、サービス設計、開発、パブリシティもできる集団でなければなりません。

そのようなチームを作ることに私たちは長けています。
3年でアジアで400人のエンジニアチームを作れたこと、離職率が極めて低いことなどがそれを証明してくれています。

━━ 埋もれている才能を発掘し開花させよう

アジアには貧しい家庭に生まれてしまったために教育を受けるチャンスがなく、仕事に就けない子供たちがたくさんいます。
しかし、彼らには素晴らしい才能を持っている可能性があります。

私たちは、ITを駆使してすべての子供達が教育が受けられるためのプラットフォームを創りたいと思っています。
素晴らしいサービスやアプリを生み出すチームには才能あふれる優秀な人材が不可欠だからです。
だからこそ世界中の企業が優秀人材の争奪戦を繰り広げています。

我々は顕在化した人材だけではなく潜在的な才能にスポットを当てようとしています。
それは世のため人のためになるからという理由だけなく、そうすることが採用にも事業にも合理的だと判断しているからです。
今はアジア各国の多くの大学や高校と提携しコースや教師の派遣をしたりしながら教育事業を行っています。これからそれらをもっと拡大していきます。

どうやってやっているのか

1929850_999744946745309_1217846951325756579_n 12208756_838739996246162_7539282533881063882_n
━━ アジア最貧国、バングラデシュで教育事業を行う

バングラデシュは、マイクロファイナンス発祥の国と言われています。ムハマド・ユヌス氏が創設したグラミン銀行の形態は国中、世界中に広がりました。
マイクロファイナンスとは、小口融資のことで、貧困層の人が、自立するためのきっかけを提供する仕組みのことで、それによって貧困から抜け出した人、活き活きと暮らせている人がたくさんいることは事実です。

しかし、依然としてこの国の社会問題はたくさんあります。
政治の不安定性や、電力や水道などのインフラ、そして教育。
そこで私たちは教育にフォーカスをし、フランジアが行ってきたITのノウハウを結集し、バングラデシュでも行っていきたいと思っています。

課題があるからこそ、そこに伸びしろがある。
不満があるからこそ、それを解消する必要がある。

そうして、バングラデシュをより良くしていく事業にしていきます。

━━ チームとしての一体感を大事に

国籍や人種、さらには勤務地までバラバラですが、フランジアの一員であることにプライドを持ち、強い団結力を持って働いています。

アジアの人々は素直で、「今日より明日が必ず良くなる」ということを疑わずに全力で生きています。
「フランジアが国を良くする、アジアを良くする、世界をより良くする」ということを疑うメンバーもいません。

こんなことやります

<インターン募集ポジション>

  • 教育事業アシスタント
  • プロジェクトマネージャーアシスタント
  • 管理部門スタッフ

フランジア・バングラデシュでは、システム開発事業と共に、教育事業に力を入れていきます。
具体的には、ITを使って仕事をしたいと思っているバングラデシュの学生に、IT技術と語学教育を行い、地元のIT企業、もしく欧米の有名企業に就職できるようなサポートをします。

現在は、その立ち上げ期。
インターンでは、英語を使って政府や教育機関、企業とコンタクトを取ってリサーチ・ヒヤリングを行っていただきます。

他にも、システム開発のプロジェクトマネージャーのサポートを行ったり、経営を円滑に行っていく管理部門の仕事を行ったり、できることはたくさんあります。

<歓迎スキル・能力>

  • 日常会話以上の英語力(日本人が一人しか駐在していないため、コミュニケーションのほとんどは英語となります)
  • 暑い環境、強いスパイスでも生きていけるタフさ、適応能力

<こんな人と働きたい>

  • バングラデシュのスタッフのお手本となれるような時間を守れる態度、きめ細やかさを持つ方
  • 受動的にならず、自分からはたらきかけて実行したり、コミュニケーションを取れる方
  • 起業家精神を持つ方
  • 「国際開発」「ソーシャルビジネス」に関心のある方

<その他>

  • 有給、住居会社負担
  • 3ヶ月以上の場合、往復航空券代も負担

整備されていないことが多く、「超快適!」とはいえないバングラデシュでの暮らし。が、故に可能性もたくさんあります。
これからの発展を見込むバングラデシュでの経験は、あなたの人生のターニングポイントとなるでしょう。

英語を使って仕事をしたい方、新興国の学生に教育を届けて働く機会を提供したい方、共にバングラデシュで戦いましょう。

その他のポジションはこちら

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

Facebook Profile URL

Skype ID

興味のある求人(必須)

履歴書・職務経歴書

その他ファイル

メッセージ本文(必須)