なにをやっているのか

IMG_8295 のコピー   560x350jpclass

━━ From Asia to the World

フランジアは本社をシンガポールに構え、アジアに8拠点を持つ約650名のIT企業です。 メンバーの90%がエンジニアで、世界へ価値のあるサービスをアジアから生み出すことをミッションに日々健闘しています。

━━ フランジアの拠点

日本 (東京、島根、大分)
ベトナム(ハノイ、ホーチミン、ダナン)
フィリピン(セブ)
バングラデッシュ(ダッカ) …拡大中です。

━━ 事業内容
1.システム開発

日本の大手企業やスタートアップ企業のスマホアプリ、Webサービス、システム開発をしています。

開発事例

2.IT人材の育成

ハノイ工科大学で日本語とITを教える教育プロジェクトやベトナムの高校でRubyを教える取り組みを行っています。

3.コンサルティング事業

マーケティング、人材採用及び紹介等のコンサルティングをしています。

4.海外新規事業
  • アジア向けエンジニアプラットフォーム Viblo のサービス開発運営
5.その他
  • 島根で竹下首相の生家、竹下酒造と一緒に「酒造り×IT」日本酒応援団
  • Rubyの聖地、島根県松江市にてIoTや次世代デジタル・ファブリケーションで新たなイノベーションを目指すオープンスペース、Frafabを開設…事業拡大中です。

 

なぜやるのか

1st Techcam のコピー   1223_RubyWorldConference のコピー

━━ 世界を揺さぶるようなサービスをアジアからどんどん創りだそう

Facebook、Uber、Airbnbなど急速に世界中に拡散し既存のビジネスモデルをひっくり返すサービスが増えてきています。この手のサービスはこれからもっと出てきて既存のビジネスモデルを壊していくでしょう。

アジアに住んでいるとUberがいかに便利なことか気づきます。料金のお釣りをごまかされることもなければ多く請求されることもありません。問題があればカスタマーサポートが対象のドライバーを瞬時に調べ、対応してくれます。こういった素晴らしいサービスを私たちもどんどん作っていきたいと思っています。

そのためには、各メンバーがそれぞれの分野のプロになるため貪欲に取り組み、サービス設計、開発、パブリシティもできる集団でなければなりません。そのようなチームを作ることに私たちは長けています。3年でアジアで400人のエンジニアチームを作れたこと、離職率が極めて低いことなどがそれを証明してくれています。

━━ 埋もれている才能を発掘し開花させよう

アジアには貧しい家庭に生まれてしまったために教育を受けるチャンスがなく、仕事に就けない子供たちがたくさんいます。しかし、彼らには素晴らしい才能を持っている可能性があります。私たちは、ITを駆使してすべての子供達が教育が受けられるためのプラットフォームを創りたいと思っています。素晴らしいサービスやアプリを生み出すチームには才能あふれる優秀な人材が不可欠だからです。だからこそ世界中の企業が優秀人材の争奪戦を繰り広げています。

我々は顕在化した人材だけではなく潜在的な才能にスポットを当てようとしています。それは世のため人のためになるからという理由だけなく、そうすることが採用にも事業にも合理的だと判断しているからです。今はアジア各国の多くの大学や高校と提携しコースや教師の派遣をしたりしながら教育事業を行っています。これからそれらをもっと拡大していきます。

どうやってやっているのか

IMG_9684

━━ チームとしての一体感を大事に

国籍や人種、さらには勤務地までバラバラですが、フランジアの一員であることにプライドを持ち、強い団結力を持って働いています。

アジアの人々は素直で、「今日より明日が必ず良くなる」ということを疑わずに全力で生きています。
「フランジアが国を良くする、アジアを良くする、世界をより良くする」ということを疑うメンバーもいません。

<そんな私たちはこんなこともしています!>

  • 参加自由の社内ハッカソン大会
  • 海外オフィスでRuby on Rails を使った社内教育
  • 各海外拠点からメンバーが集まる大規模忘年会
  • ベトナム語レッスン(社員がボランティアで教えています)
  • ギター部、サッカー部、日本語部など社内のクラブ活動

 

こんなことやります

ベトナム国内を対象として新しく始めるべく開発している自社Webサービスをデザインしてみませんか?スマートフォン(iOS / Android)、タブレット、PC向けとマルチデバイスで展開する予定です。

今まさに「経済急成長」と「時代の変化」の真っ只中にあるベトナムで、 フランジアは新しくB2B2CのWebサービスを立ち上げます。詳しくは書けませんが、Webおよびスマートフォン向けアプリケーションを複数開発・提供し、B2BからB2Cに広げる大規模な仕掛けをほどこしていきます。

日本人マネージャーのもとでサービスの仕様を理解し、ベトナム人ユーザーが説明しなくても理解しやすく、簡単な操作で使うことができるデザインってどういうものだろう?ということを時には自問自答し、時には仲間と話し合い、時には実際に使うユーザーの話しを聞きながら脳みそに汗をかきまくる。そんなインターン生活を用意します。

日本語力の高いベトナム人が揃っていますので、日本語しか話せなくても全く問題ありませんし、英語も必要ありません。

欲しいのは異国の文化を受け入れ、それをデザインに落とし込み、一生の中でかけがえのない経験を経て成長したい!というあなたの熱い情熱です。

優秀なプログラマーが揃っていて、かつ英語も必要が無い。このベトナムという最高の環境で、思う存分成長してみませんか?

<募集対象>
①デザイナー

  • 縦横マージン文字詰めのバランスを考慮したレイアウトでワイヤーフレームが書ける
  • フォトショップを使用してWebデザインに仕上げることが出来ること
  • イラストレーターを使用してアイコンなどのデザインが出来ること
  • ポートフォリオを提出してください

②HTMLコーダー

  • デザインを元にCSSを使ったHTMLを作成できること
  • ポートフォリオを提出してください

<インターン期間>
3ヶ月程度可能な方

<学生の視点から気になるところ>

  • 有給インターンなので、貯金が少なくても暮らしていけます。
  • 学生インターン生は他にもいるので、不安なことをサポートできる体制があります。
  • 「何ができますか?」より「これをやってみたい!」という方には合うと思います。
  • 英語話せなくても問題ありません。むしろ、生活の8割は日本語です。
  • 和食、意外とおいしいです。


<こんな人にオススメ>
✓ アジアに可能性を感じている感度の高い方
✓ 海外で新しいことに挑戦したい方
✓ ITに興味のある方
✓ 将来起業したい方
✓ シンガポールやバンコクのような大都会もいいけど、急成長中のハノイが気になる人
✓ 人の意見をよく聞いて吸収できる人

急速に成長している東南アジアのビジネスを肌で感じたい方、 今後世界で通用する人材になりたいという向上心のある方にとって、 刺激的なインターンライフになること間違いなし!

<インターン生のブログ>
2015年4月〜2016年2月末までハノイでインターンをしていた岡崎くんの振り返り記事はこちら

ベトナムオフィスの様子がもっと知りたい、 現地で働いている人ってどんな人??という方はぜひ、 Framgia VietNamのFacebookページを覗いてみてください。

勤務地のハノイについてもっと知りたい!という方はこちらを御覧ください。

その他のポジションはこちら

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

Facebook Profile URL

Skype ID

興味のある求人(必須)

履歴書・職務経歴書

その他ファイル

メッセージ本文(必須)